よく読まれている記事

  • DAY
  • MONTH



    878
    via https://www.youtube.com/watch?v=zyFLZni3548

    310: 生物名ナナシ 2016/06/07(火) 17:16:10.99 ID:mc3crXqq
    Crested Ducks in My Backyard


    頭どうなってんだろこれ

    311: 生物名ナナシ 2016/06/08(水) 23:56:47.41 ID:WfLdUajz
    >>310 
    毛の塊が付いてるんじゃなかったっけ

    313: 生物名ナナシ 2016/06/10(金) 21:24:11.60 ID:ARHpKh5+
    >>310 
    かわええww触ってみたいww

    314: 生物名ナナシ 2016/06/17(金) 02:50:21.54 ID:vQQKiho4
    >>310 
    カンムリアヒルかわいいよカンムリアヒル

    続きを読む

    1: 生物名ナナシ 2017/09/01(金) 18:33:07.82 ID:uzXrC2650● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    ヌーがワニに襲われ後ろ足を噛まれ水の中に引き込まれていこうとしている場面が撮影された。
    ヌーは抵抗するもワニは全く放そうせず、どんどん水の中に引き込まれるばかり。

    このままではヌーは水の中に引きずりこまれ、餌となってしまうだろう。

    それを見ていた2匹のカバがなんとワニに向かって突進して、ワニを追い払いヌーを助けたのだ。
    カバの突撃には適わなかったようで、ワニもヌーの足を放してしまい、無事解放された。
    後ろ足を引きずりながらも、危機から脱したヌー。

    こんな珍しい光景が撮影され、YouTubeに投稿したところ、再生数が130万を超えるヒットとなっている。
    撮影されたのは南アフリカ共和国のクルーガー国立公園。撮影されたのは8月25日に訪れた際に撮影したという。

    カバはヌーを助けたというよりも、自分達の縄張り(領域)に入ってきたワニを追い払うために突進したと考えるのがスマートだろう。

    動画は下記よりご覧になれるぞ。

    http://gogotsu.com/archives/32757
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    Hippos Come to Rescue Wildebeest from Crocodile

    https://www.youtube.com/watch?v=omuLZK_HOXE


    続きを読む

    1: 生物名ナナシ 2017/08/28(月) 23:49:12.67 ID:CAP_USER
    マリアナ海溝の水深8,178mにおいて魚類の撮影に成功
    ~魚類の世界最深映像記録を更新~


    1.概要

    国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)は、日本放送協会(以下「NHK」という。)と共同で、フルデプスミニランダーに搭載した4Kカメラにより、マリアナ海溝の水深8,178mで遊泳する魚類(マリアナスネイルフィッシュ(注1)と思われるシンカイクサウオの仲間)の映像を撮影することに成功しました。この水深は、映像とセンサに基づく正確な水深の両方が記録された魚類の出現記録としては世界最深になります。今後、水深8,000m以深における食物連鎖網の解明や生物群集の生息密度の推定を進めるべく、現場観測、サンプル採取や分析などを進めていく予定です。

    なお、国立科学博物館で開催中の特別展「深海2017」において、8月28日から本内容の映像を公開する予定です。

    2.背景

    JAMSTECでは海溝域における探査技術の開発を進めるとともに、得られた映像やサンプルを用いた深海生物の調査や分析を通して、生物の多様性や生態系の研究を進めてきました。しかしながら、深海の中でも特に深い海溝域はきわめて高い圧力のためアプローチが難しいことから、映像、環境データやサンプルを得られる機会は限られ、海溝域に生息する深海生物の調査も十分進んでいると言えませんでした。

    一方で、海溝や、さらに深い海淵における生物やその生態は古くから興味の対象となってきました。海溝域における魚類の存在は、1960年アメリカのトリエステ号に乗船し、チャレンジャー海淵の海底に潜航したジャック・ピカールとドン・ウォルシュらが「ヒラメのように平たい形をした魚を見た」と証言したことで脚光を浴びました1。しかし翌年すぐに、これまで記録された魚類の種類や生息深度などから、彼らが見たものは魚ではなく、別の生物でないかという論文が発表されました2。実際に、JAMSTECの無人探査機「かいこう」による潜航も含む、各国のチャレンジャー海淵など水深9,000mを超える環境の調査において、魚類が確認されたことはありません。

    現在、最も深い海から採取された魚類とされるのは、1970年にデンマークのガラテア号によって大西洋・プエルトリコ海溝の水深8,370mから得られたヨミノアシロです3。このときの採取は網を用いて行われましたが、センサによる精密な深度や現場の映像は撮られていません。

    2014年、イギリスとアメリカの共同研究グループが、マリアナ海溝の水深6,198~8,145mの海底において二種類のシンカイクサウオを撮影し、動画サイトと論文上に発表しました4,5。また2017年4月には、中国科学院がマリアナ海溝の水深8,152mの海底で魚類の撮影に成功したと発表しました6。
    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:海洋研究開発機構 2017年 8月 24日
    http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20170824/

    図3 水深7,498m地点における生物。A: 餌にヨコエビが群れ、その後シンカイクサウオの仲間が現れた。B: 撮影中には大型のヨコエビのダイダラボッチも現れた。餌を取り付けたフレームには、スケールとして赤、緑、青色のガムテープを10cm間隔で貼り付けてある。
    no title

    図4 水深8,178m地点で撮影されたシンカイクサウオの仲間。餌にはヨコエビが群がり、右側の餌は食べつくされている。A: 遊泳中の様子、B: 海底に着底中の様子。休んでいるように見える。
    no title


    続きを読む

    1: 生物名ナナシ 2010/12/25(土) 13:51:30 ID:zRIbDg7P
    チョウセンメクラチビゴミムシ

    863
    via http://www.writeopinions.com/coreoblemus

    2: 生物名ナナシ 2010/12/25(土) 13:53:14 ID:zRIbDg7P
    ハネオツパイ

    864
    via https://alchetron.com/Pen-tailed-treeshrew-4066408-W

    4: 生物名ナナシ 2010/12/25(土) 21:07:44 ID:EmSiTpQl
    スベスベケブカガニ

    865
    via https://www.floridamuseum.ufl.edu/reefs/guamimg/crustacea/crusties/Pages/Image49.html

    5: 生物名ナナシ 2010/12/25(土) 21:08:39 ID:gAYEimUx
    ブンブクチャガマ

    866
    via http://echinoderms.lifedesks.org/taxonomy/term/6625

    6: 生物名ナナシ 2010/12/25(土) 21:15:28 ID:EmSiTpQl
    トゲアリトゲナシトゲトゲ

    続きを読む

    おすすめキーワード
    上へ戻る