よく読まれている記事

  • DAY
  • MONTH



    81
    出典:http://www.saedyounes.com/a-proven-simple-strategy-that-will-help-you-kick-out-any-unwanted-habit-forever/


    1: 名無虫さん 2016/09/23(金) 04:42:57.70 ID:UxnwI+o3
    確かにそう思えるんだけど、アリの巣破壊したときにアリさんが攻撃してくるのはなんで?

    3: 名無虫さん 2016/09/23(金) 05:43:38.10 ID:???
    「意思」なのか、「反射」なのか。

    4: 名無虫さん 2016/09/23(金) 06:31:13.13 ID:???
    本能ってやつか

    5: 名無虫さん 2016/09/23(金) 07:05:05.61 ID:???
    大脳新皮質の無い昆虫には感情も無いといわれている

    続きを読む

    1: 名無虫さん 2012/03/23(金) 19:00:43.73 ID:???
    なんかアウトローな感じがたまらない。

    80
    出典:https://jp.pinterest.com/pin/534239574519673683/

    2: 名無虫さん 2012/03/24(土) 02:19:19.47 ID:???
    >>1クズリってどんな生物?

    3: 名無虫さん 2012/03/24(土) 03:28:35.63 ID:OFCBln/6
    >>2 
    でっかいイタチだよ 
    毛がフサフサ

    続きを読む

    76
    出典:http://fineartamerica.com/featured/spotted-hyena-crocuta-crocuta-portrait-pete-oxford.html


    41: 名無虫さん 2011/07/01(金) 16:39:51.56 ID:???
    20世紀の初頭頃、ハイエナを飼ってた日本人がいるらしいが、、、以下その記録によるハイエナの生態。 
    ○当時の日本では、一般的にハイエナは鬣狗(たてがみいぬ)と訳されて図鑑ですら「アフリカ産の狼」みたいな紹介をされてたらしいが、実のところネコに近いってことはこの頃から既に判明してたらしい。 
    ○「ニャアニャア」と鳴いたり嬉しいときには「ゴロゴロ」と喉を鳴らすらしい。 
    ○しかし犬と同様に人間にけっこう懐くらしい。 
    ○オオカミやイヌとはすこぶる仲が悪く、とことん嫌われるのが常のようだ。 
    ○嗅覚はきわめて鈍いらしい。 
    ○前肢後肢共に指の数は四本で、イヌともネコとも異なる。 
    ○肛門からなにやら粘液を出してそれをあちこちに擦り付けて周る習性がある。飼い主にも擦り付けたがるので難儀したようだ。 
    ○金網を食いちぎって消化しきれずに死んだらしい。

    45: 名無虫さん 2011/07/01(金) 17:01:17.94 ID:???
    猛獣物語(下)151P 

    強さのランク 

    戦いの実例から、アフリカの捕食者猛獣達の強さのランクは、以下の通りになった。 
    イートン博士の研究を主に参考。 


    一位 ライオンの群れ 
    二位 ブチハイエナの群れとリカオンの群れ 
    三位 雄ライオン一頭 
    四位 雌ライオン一頭 
    五位 ヒョウ一頭 
    六位 ブチハイエナ一頭 
    七位 チャイロハイエナ一頭 
    八位 チーター 
    九位 リカオン 
    十位 シマハイエナ
    ハイエナ(=ヒヤエナ)は、ネコ目(食肉目)ハイエナ科に属する動物の総称である。長い鼻面と長い足を持ち、イヌに似た姿をしているが、ジャコウネコ科に最も近縁である。別名タテガミイヌ。

    特徴
    現生の4種のハイエナのうち、昆虫食のアードウルフを除く3種は、強力な頭骨と顎、消化器官を持つ。これらによって、他の肉食動物が食べ残すような骨を噛み砕き、有機成分を消化吸収できる。角、骨、蹄など消化できないものは、ペレットとして吐き戻す。

    生態
    中型のカッショクハイエナやシマハイエナは、狩りをするより腐肉を漁ることの方が多いため、ハイエナの一般的な印象「サバンナの掃除人」のもととなっている。
    一方、ブチハイエナは、時速65kmを超える俊足と、並外れたスタミナとを併せ持つ優秀なハンターである。その食物には腐肉も含まれるものの、半分以上は自分たちで捕えたものであり、狩りで仕留めた獲物をライオンに横取りされる場合もある。イギリスの生態学者 H.Kruuk の研究では、セレンゲティ国立公園のブチハイエナは、10-15頭の群れでヌーやシマウマを狩ることが明らかにされている。他の動物が掘った巣穴に住み、巣穴の回りには動物の骨などが散乱している。
    巣穴にある骨は非常食である。ハイエナは前述したように顎の力が強いため、食料が無い時にはこれらの骨で飢えを凌ぐ。ハイエナの群れのリーダーはメスであり、メスのリーダーの長女が群れのリーダーを継ぐことが常識的になっている。そのため、オスは群れの中で順位が低い。
    ハイエナ - Wikipedia

    続きを読む

    3: 名無虫さん 2012/06/14(木) 19:17:09.60 ID:???
    イリオモテヤマネコ 
    73
    出典:https://uruurumi.com/2016/07/31/iriomote-yamaneko/

    世界中で八重山諸島の西表島だけに分布するヤマネコ。 
    体重4kg前後で、暗褐色の体毛が特徴。 
    おもに夜間に活動するが、巧みな木登りや泳ぎが観察されている。 
    クマネズミなどの小型哺乳類の他、キノボリトカゲ、シロハラクイナなどを餌とし、 
    河川では魚類や甲殻類を捕食していることが明らかになっている。 
    特別天然記念物として保護されているが、生息数は100頭以下と推測され、絶滅の危機が高まっている。 

    イリオモテヤマネコは、1967年に当館の今泉吉典博士によって新種として報告された。 
    ネコ科の新種発見のニュースは、学界だけでなく社会的にも大きな反響を呼び、 
    琉球列島の自然環境保全という課題を世界的に投げかける契機となった。 
    近年、同種のミトコンドリアDNAの分析が進み、アジア大陸のベンガルヤマネコと比較的近縁であることが報告された。 
    また、集団内の遺伝学的多様性が乏しいことが明らかになり、島しょ環境に適応した遺伝学的に均一な集団が種を維持していると推察される。

    続きを読む

    71
    by:Veyis Polat

    1: 名無虫さん 2010/10/22(金) 20:56:52 ID:???
    普段見慣れているイエネコの秘められた戦闘力について考察

    オジロワシに果敢に飛び掛るイエネコは既出

    3: 名無虫さん 2010/10/22(金) 22:59:28 ID:???
    うちの猫はクワガタムシが苦手です。 
    夏ごろに鼻をはさまれて痛い思いをしたせいか、 
    それ以来見るだけで逃げてしまいます。

    5: 名無虫さん 2010/10/23(土) 00:35:46 ID:???
    オオヤマネコは強そうなんだよな~

    続きを読む

    おすすめキーワード
    上へ戻る