1: 名無虫さん 2012/11/09(金) 17:38:02.80 ID:???
サーベルタイガーことスミロドンは何十倍の体重差があろうと
マンモスを普通に殺してたらしい

スミロドンは大型生物の狩りに特化してる古代最強の肉食獣である
47

48
スミロドン(Smilodon) は、新生代新第三紀鮮新世後期から第四紀更新世末期の約300万 - 10万年前の南北アメリカ大陸に生息していたサーベルタイガーの一種。サーベルタイガーの中でも最後期に現れた属である。アメリカ大陸間大交差によって北アメリカから南アメリカに渡った一種。

形態・生態
体長1.9 - 2.1メートル、体高1 - 1.2メートル。南アメリカに進出したグループの方がより大型であった。「サーベルタイガー」の名の元となる、24センチメートルに及ぶ牙状の長大な上顎犬歯を持つ。この犬歯の断面形状は楕円であり、後縁は薄く鋸歯状になっていた。これは強度と鋭利さを兼ね備えた構造であり、獲物にこれを食い込ませる際の抵抗は小さくなっている。また下顎は120度まで開き、犬歯を効率よく獲物に打ち込むことができた。しかし、この犬歯は現生のネコ科の様に骨を噛み砕ける強度は持っておらず、硬い骨にぶつかるなどして折損する危険を回避するため、喉元の気管など柔らかい部位を狙ったと推定される。前肢と肩は非常に発達しており、獲物を押さえ込んだ上で牙を打ち込むのに適した形態であった。また発達した肩は、牙を打ち込む際の下向きの強い力を生み出す事が出来たとされる。
しかし一方、発達した前肢に比べて後肢が短く、ヒョウ属の様な現代のネコ科の大型捕食者ほど素早く走ることは出来なかったとされる。そのためマンモスのような動きの遅い大型動物やマクラウケニアなどの弱った個体や幼体を群れで襲い、捕食していたと考えられている。群れを形成していた事の傍証としては、怪我をして動けない個体が暫く生きながらえていたという例が挙げられる。これは、他の個体から餌を分け与えられていたものと推測されている。
スミロドン - Wikipedia

52
マンモス (Mammoth) は哺乳綱長鼻目ゾウ科マンモス属 (Mammuthus) に属する種の総称である。 現生のゾウの類縁だが、直接の祖先ではない。約400万年前から1万年前頃(絶滅時期は諸説ある)までの期間に生息していた。巨大な牙が特徴で、種類によっては牙の長さが5.2メートルに達することもある。日本では、シベリアと北米に生息し太く長い体毛で全身を覆われた中型のケナガマンモス M. primigenius が有名だが、実際にはマンモスは大小数種類あり、シベリア以外のユーラシア大陸はもとより、アフリカ大陸・アメリカ大陸に広く生息していた。特に南北アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスは、大型・短毛で、かつ最後まで生存していたマンモスとして有名である。現在は全種が絶滅している。

絶滅
更新世末期にあたる約4万 - 数千年前に多くの大型哺乳類と共にマンモスは絶滅した。最後のマンモスは紀元前1700年頃に東シベリアの沖合にある北極海(チュクチ海)上のウランゲリ島で狩猟されたという説が提起されている。
原因は未確定であるが、有力な仮説として氷河期末期の気候変動に伴う植生の変化を原因とする説がある。約1万年前に氷河期が終わり高緯度地域の気温が10度程度上昇した。この温暖化以前のシベリアは乾燥した大地で柳やイネ科の草が生息する草原が広がっていた。シベリアで発見されたマンモスの胃の内容物からイネ科の植物がマンモスの主食であり、他にキンポウゲ科やヨモギ類などを食べていたと推測される。ところが温暖化に伴って湿潤化し、一年の半分は大量の雪が降り積もる植物の生育に適さない大地へと変貌していった。マンモスの食料となる草木は激減し、マンモスもシベリアから消えていった、というストーリーである。
マンモス - Wikipedia

よく読まれている記事

  • DAY
  • MONTH





    6: 名無虫さん 2012/11/09(金) 20:52:49.96 ID:rIhqY3h5
    あんなに牙長くて邪魔にならないのか不思議
    かじれるんやろか?
    あと、かじりついた対象が暴れたりしたら牙折れたりしないんやろか?

    7: 名無しさん@13周年名無しさん@13周年 2012/11/09(金) 23:05:52.51 ID:???
    >>1
    そんなに強いのなら何故、滅んだのか?
    やっぱり生存競争に負けたんだろ。
    動きの鈍い大型獣を集団で襲うしかなかったんだろう。

    8: 名無虫さん 2012/11/09(金) 23:27:08.43 ID:???
    氷河期でマンモスなどの大型草食動物が滅んだからだろ
    それで、大型動物を狩っていたパワータイプのサーベルタイガーは小型で敏捷な草食動物を捕らえられなかった

    10: 名無虫さん 2012/11/10(土) 15:08:22.54 ID:???
    たとえアフリカゾウと不意打ちなしの正面戦でもスミロドンは勝利する。

    関連

    16: 名無虫さん 2012/11/11(日) 15:09:50.90 ID:???
    >>10
    史上最強のスミロドンの前では体重差など無意味だからな。

    11: 名無虫さん 2012/11/10(土) 21:09:38.45 ID:???
    サーベルタイガーの歯形痕跡がある化石もあるにはあるが・・・
    常識的に考えて、あの牙を撃ち込んでも即死あるいは、うまく背骨を傷つけられなければ、牙が折れてしまうか、悪くすると自分の首まで折ってしまう。
    現生の虎にサーベルタイガーの牙をつけてインドゾウを襲わせたとして、背骨を傷つけることができるだろうか?
    自分より大型のものを倒すなら、やはり今の虎やライオンのほうがより優れている。
    サーベルタイガーの狩りとは、最近の説の牙をナイフのように使って頚部を攻撃し、主に中型程度の獲物を失血死させたと考える方が理に適っている。
    サーベルタイガーが最強というのは考えにくい。

    12: 名無虫さん 2012/11/10(土) 22:47:52.64 ID:???
    恐竜はのろまだと言われていた頃の論調と>>11が恐ろしく似ているのはただの気のせい?

    19: 名無虫さん 2012/11/13(火) 17:22:07.21 ID:H6bJHN22
    突き刺す為の牙だろうから大型のウシ、シカ科なんかなら 
    しつこく刺して刺して出血死か
    内臓や骨にダメージを与えれる攻撃ができるのかな
    ハイジャンプで獲物の急所まで飛び込むのはリスクもかなり大きいと思う
    サーベルタイガーが森林エリアで夜行性で大型草食獣の後ろ足を急撃してもいいかも
    >>11のいう中型動物を狙うなら体重も無駄に大きすぎるし あの牙の進化はないだろし

    13: 名無虫さん 2012/11/11(日) 04:53:29.82 ID:???
    トラの前足を大きくして後ろ足を短く
    全体に骨格をゴツくして筋肉も分厚く
    それってどんなクマ?

    14: 名無虫さん 2012/11/11(日) 10:29:23.42 ID:???
    サーベルタイガーみたいな奴は他にないんかねぇ
    ホラアナグマとかかホラアナライオンか

    18: 名無虫さん 2012/11/13(火) 15:20:05.68 ID:???
    .
    最強のスミロドンには体重差など無意味です。

    23: 名無虫さん 2012/11/15(木) 15:54:20.62 ID:VQSIcp/H
    >>18 スミロは鈍足だから群れでないとクマの餌食でしょうね

    20: 名無虫さん 2012/11/13(火) 18:17:27.69 ID:78iwB3ZN
    >1
    ライオンが象の狩りに成功したみたいなもんだろ?
    ライオンも普段は象は滅多に襲わないらしいが

    21: 名無虫さん 2012/11/15(木) 15:09:35.96 ID:???
    スミロドンは大型生物しか狙わない最強猛獣

    22: 名無虫さん 2012/11/15(木) 15:32:40.81 ID:YRUVZkdW
    スミロドンの牙の役目は穴などを

    ほじくって

    へびやうさぎやねずみさんを食べる為の道具です

    横の力に弱い構造の骨だそうです。以上!

    24: 名無虫さん 2012/11/15(木) 16:08:57.08 ID:???
    実は恐ろしい程正確に首の血管や神経の部分に牙を刺せたのかも知れんよ
    となると彼岸花のような立派なヒゲが長々と生えてたかもねw

    25: 名無虫さん 2012/11/15(木) 16:37:45.12 ID:???
    >>24
    刺せても

    マンモスさんが少し横に首振ればポッキリ折れてマンモスの下敷きになって

    目玉と内蔵が飛び出して死んじゃうスミドロンさん

    スミドロン:やっぱりうさぎやねずみ探せばよかった;;

    26: 名無虫さん 2012/11/15(木) 23:23:15.96 ID:???
    実は牙だと思われていた物の正体は陰茎骨です

    27: 名無虫さん 2012/11/16(金) 15:11:05.05 ID:SCV5EfTe
    何も牙を突き刺す部分が首とは限らん
    首から腰部にかけての椎間板の部分に正確に牙を突き刺し
    脊髄損傷で行動不能に陥ったところを
    活造りを堪能していた可能性もある

    28: 名無虫さん 2012/11/16(金) 17:01:56.78 ID:???
    それどんだけ尖った歯だよ、針じゃねえんだから

    29: 名無虫さん 2012/11/16(金) 18:49:41.95 ID:???
    今の価値観で考えるなよ古代最強なんだから

    30: 名無虫さん 2012/11/16(金) 21:01:52.58 ID:???
    北米スミロドンは最大400kg程度の小型だけど
    南米スミロドンは最大800㎏まで巨大化する

    33: 名無虫さん 2012/11/17(土) 20:01:53.72 ID:ZZBoZFa5
    800キロの巨体を維持するためには余程豊富な餌を楽して捕れなきゃだめなんじゃね?
    牙使って海辺の貝掘って食うとかならあり得そうだな

    35: 名無虫さん 2012/11/18(日) 01:51:14.20 ID:vidD1Sei
    もうそうなったら雑食化して植物も食べた方が楽じゃない?消化は大変だけど
    果物位ならいけそう。シロアリは確実に牙でアリ塚を崩して食ってるな

    36: 名無虫さん 2012/11/18(日) 02:58:55.08 ID:???
    余程入れ食い状態の獲物がいなければ雑食でないと、ホッキョクグマ並の巨体維持は
    かなり厳しいだろうね
    もし800kgで純肉食となると、やはりシロアリや貝は重要な食料かも知れない
    身体の構造的には、今の海獣みたいに泳ぐ事は出来なかったのかな?

    ただもし現代の肉食獣と違って、大幅に自分を上回る動物を”単独で日常的に”狩るのならば
    巨体維持も可能かもしれない
    (ライオンやトラも自重の二倍以上の獲物を単独でも倒せるが、通常そんな危ない橋は渡らない
     普通は群れで狩るか、もっと小型の獲物を狙う)

    マンモスは流石に単独では厳しいだろう、おそらく十頭以上の連携は必要になる
    (ライオンが成体アフリカゾウを狩るのに、二十頭以上必要な事からの推測)
    しかしそうなると500kgを超える巨大個体は、狩りでも食料面でも持て余す矛盾が出る

    だがもしも単独で倒せたのなら話は変わって来る
    食い溜めの必然性も出て来て、巨大化の説明もつくかも知れない
    自重の十倍以上あるゾウを単独で倒せるとしたら、哺乳類史上稀に見るスーパーハンター
    やはりそれは現実離れしているかな

    37: 名無虫さん 2012/11/18(日) 03:41:50.60 ID:DshoAOj7
    ジャガーや狼より脳が小さく知能で激しく劣っていることが判ってるのに
    サーベルタイガーさんが狙ってどこか噛み付くとか無理

    後ろ足は小さく足も遅かったわけで

    やっぱり穴にもぐったうさぎやもぐら又はミミズが主食だった(完)

    38: 名無虫さん 2012/11/18(日) 10:49:22.77 ID:vidD1Sei
    絶滅した巨大なアルマジロや地上性の巨大なナマケモノがいたな。

    39: 名無虫さん 2012/11/18(日) 19:20:27.12 ID:???
    今でもオオアリクイはジャガーの貴重な食料
    これが南米スミロドンにはナマケモノやアルマジロ

    40: 名無虫さん 2012/11/18(日) 21:11:54.70 ID:vidD1Sei
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%88%E3%AF%E3%BD%E3%89%E3%B3
    こんなごちそうもいたわ。トクソドン 
    49
     

    41: 名無虫さん 2012/11/18(日) 21:59:17.18 ID:???
    サーベルタイガーが同種の中で現代でも過去をさか登っても
    脳みその容量が少なく知能にで激しく劣っていた事は間違いないので
    サーベルは知能の無い動物下手したら死体あさり専門かもしれない

    待ちぶせなどの高等な狩りは出来ないから死体専門かもしれない

    43: 名無虫さん 2012/11/19(月) 02:11:54.88 ID:???
    >>41
    待ち伏せなんて魚類や昆虫でもやってんじゃねえか

    42: 名無虫さん 2012/11/18(日) 22:14:02.85 ID:???
    肉食獣に知能など必要ない

    史上最強ヒト科のマイク・タイソンに知能など必要ないように

    単独でもアフリカゾウを正面対決で殺せる全生物無差別級王者のサーベルタイガーに知能など要るまい

    44: 名無虫さん 2012/11/19(月) 17:10:25.33 ID:Gw1pEgCF
    単独でマンモスを殺せる唯一の生物

    45: 名無虫さん 2012/11/19(月) 21:29:21.21 ID:Y/z0GzTv
    一緒に北から南米に入ってきたゾウ類は、サーベルタイガーへの対処法を心得ていたかも
    牙もあるし
    地上性の鳥フォルスラコスくらいなら快勝だったのかな

    46: 名無しさん@13周年名無しさん@13周年 2012/11/19(月) 21:32:10.95 ID:???
    あの牙でイモでも掘ってたんじゃないのか

    47: 名無虫さん 2012/11/20(火) 02:20:38.90 ID:???
    象デカい

    最大級のサーベルタイガーVS最大級のマンモス 800kg:20,000kg=25倍
    ソコソコのライオンVSナカナカのアフリカゾウ 200kg:6,000kg =30倍
    ヒョードルVSカバ              100kg:3,000kg =30倍

    48: 名無虫さん 2012/11/20(火) 11:21:06.24 ID:na+lRA4l
    サーべルタイガーはな、実はな、持ち前の闘争心が売り。
    それと顎の力が異常なほど、牙を突き刺すだけでなしに、
    突き刺した牙で肉を豪快に噛み千切る、この一撃で致命傷を与えられる。

    49: 名無虫さん 2012/11/20(火) 17:14:27.44 ID:???
    噛む力は現代のトラより弱いらしいよ

    だから柔らかい内蔵や血をすすってたのがメインらしい

    50: 名無虫さん 2012/11/21(水) 00:08:27.03 ID:nC8mf013
    牙の形状と発達具合を考えれば、現在最も近いのがセイウチだよな。
    あの牙の用途を想像すると、セイウチの使い方が参考になる。
    セイウチは牙を使って貝を掘って食ってるから、あの形状の牙は掘るのに適したものだと言える。
    つまり、地中の餌を掘り返して捕食していた可能性が高い。
    アリじゃあの巨体を維持出来ないだろうし、舌の形状も説明出来ないからアリではない。
    当時、巨大なモグラとか、巨大なアルマジロとかがいたならそれがメインの捕食対象だったんじゃね?
    地上を逃げ回るすばしっこい獲物よりは楽して捕れそうな気がする。

    51: 名無虫さん 2012/11/21(水) 02:14:39.16 ID:2jR5KcHK
    >>50 牙で掘るより手で掘ったほうが普通なんじゃないの?

    58: 名無虫さん 2012/11/22(木) 22:20:09.14 ID:d0dcV1cW
    >>51
    手で掘るには限界あるだろ。堅いところは牙で崩して崩した土を前足で掻いて掘り進むのが理想的じゃね?どだい、あの形状の顎牙が地上での捕食に向いてないのは一目瞭然だから、どうして犬歯があそこまで進化を遂げたのかを推測すれば、穴堀説も満更じゃないと思うんだよね。

    52: 名無虫さん 2012/11/21(水) 02:39:47.96 ID:XmrB48Rv
    マクラウケニアくらいは倒せたかな。後脚と前脚で上肢下肢の比率が異なって、ラクダみたいな見た目とは裏腹に
    走るのは早くなかったそうだけど

    53: 名無虫さん 2012/11/21(水) 06:28:38.50 ID:???
    サーベルタイガーでは無く

    真実は地面を堀返すのが得意のシャベルタイガーだったのである

    54: 名無虫さん 2012/11/21(水) 06:39:48.20 ID:???
    スミロドンのまとめ


    現代の同じネコ科の哺乳類より手足のバランスが悪く身軽では無かった

    噛む力が弱く大型動物を仕留めるのは弱く困難であった。

    大きく口を開いても牙が邪魔になり狩りに全く向いてない口だった。

    牙は横の力に非常に弱い構造だった。

    速く走る事は苦手だった。が前足で踏ん張りやすい骨格だった。
    (地面を掘りやすい骨格)

    56: 名無虫さん 2012/11/21(水) 16:17:37.52 ID:???
    だから今の基準で考えるなよ。

    超強力な噛筋力に超強力なまでに牙が硬度だった。

    57: 名無虫さん 2012/11/21(水) 19:50:05.59 ID:???
    >>56
    おまえみたいな奴はティラノが高速で走ったとか言うタイプだよなwww

    60: 名無虫さん 2012/11/23(金) 11:57:37.09 ID:AfXES0ZN
    あの巨体維持するのにモグラとかじゃ無理だね、
    なんぼ古代でもウサギみたいにデカい地中生物はいないだろうし
    ウサギや猪、狸科なんかの穴を掘って仕留めたのか?

    61: 名無虫さん 2012/11/23(金) 17:18:59.21 ID:UxdoW0u9
    >>60
    巨大アルマジロ

    62: 名無虫さん 2012/11/23(金) 18:13:11.02 ID:???
    古代には殆ど動かない草だけモソモソ食べる陸上のカメが大量にいたらしい
    それがサーベルの主食だったのさ

    63: 名無虫さん 2012/11/24(土) 04:43:03.35 ID:???
    亀の甲のあるポイントを絶妙の角度で突くと、パカッと上下に割れます
    或は牙を楊枝の様に使って、亀の肉を甲羅から穿り出します

    牙を長く進化させたスミロドンは、亀の食い放題で巨大化して行きました

    64: 名無虫さん 2012/11/24(土) 11:13:31.77 ID:uP3J3fWz
    >>63 おまえ宇宙人だろ、謎が解けた、サンクス。

    66: 名無虫さん 2012/11/24(土) 19:37:13.75 ID:zr6BpvNM
    確かに噛み付くのには邪魔くさい長さの牙だな。
    普通サイズの草食獣を狩って食うにも、殺して間もない新鮮な獲物だと牙が邪魔して食い付く事すら出来なさそうだ。
    時間の経った腐肉ならイケるだろうか。
    でも腐肉漁るだけならあんなに長い牙は必要ない。
    一体何に適応したらあれほど牙が伸びるのだろう?

    68: 名無虫さん 2012/11/25(日) 03:07:23.35 ID:???
    >>66
    化石見ると昔はみんな長いんだよね。マカイロドゥス、ホモテリウム、、メガンテレオン、スミロドン、しまいには有袋類のティラコスミルスまで。
    長い方が繁栄してる。にしてもちまちま肉食ってたんだろな。台頭してきたライオンやオオカミに倒した獲物を横取りされてたろうと思う。

    69: 名無虫さん 2012/11/25(日) 12:26:11.74 ID:+/pv/WKi
    同体重の熊に勝てるのかね?

    71: 名無虫さん 2012/11/25(日) 21:18:34.48 ID:???
    >>69
    体型も体格も近いけど、知能が圧倒的に違うからねえ
    長くて折れ易い牙も、捕食者同士の争いではハンデでしかないだろうし

    72: 名無虫さん 2012/11/26(月) 00:02:21.06 ID:acuh6Nsp
    でもデカいし、
    牙の一撃で相手を戦闘不能、逃走不能な重症を与えられるような気もするね
    牙が弱く足が遅いのなら雄同士の戦いや他の動物との戦いで牙の折れた骨も出土するはず

    73: 名無虫さん 2012/11/26(月) 18:14:30.22 ID:???
    ヒグマ類とあまり変わらないんだから、大きさのアドバンテージは無いよ
    北米種≒グリズリー、南米種≒ホッキョクグマ

    足の遅さは骨格から推定されているもの、クマみたいなバランスだからね
    少なくとも現代のヒョウ属みたいな走力は持ってないでしょ

    牙が折れ易いというのは、考古学者だか動物学者が言ってた話じゃなかったかな
    もし大型の獲物に深々と刺さった状態で、横の力が加わると折れ易い構造だとか
    雄同士の争いみたいに固定されていない状態での打撃では、そう折れないと思う

    76: 名無虫さん 2012/11/27(火) 10:49:53.46 ID:R5orda4z
    現在に至るまでクマは生きながらえ、サーベルタイガーは滅んだ
    生存競争の勝ち組クマ>>>負けて滅んだサーベルタイガー

    77: 名無虫さん 2012/11/27(火) 12:56:40.17 ID:???
    クマは肉以外も食うだろ
    だから、巨大草食獣が滅んでも影響はほぼ無い
    しかも生存競争激しい場所では絶滅してる
    山奥や北極等の他の肉食獣が少ない地域に逃げただけの雑魚

    79: 名無虫さん 2012/11/27(火) 18:46:12.40 ID:Xh+Cxt2/
    >>77
    クマは雑食だから草しか生えないサバンナや草原にはもともと居ないんだよ
    山奥にいるのは単に食性による住み分けで、追われたわけじゃないの
    一つお利口さんになれたね
    で、逃げることすら出来ずに滅んだサーベルタイガーは確実にクマ以下なの

    86: 名無虫さん 2012/11/28(水) 20:27:20.77 ID:???
    200万年前の更新世から現在まで
    サーベルタイガーより強い生物などいない

    87: 名無虫さん 2012/11/28(水) 20:28:52.23 ID:???
    南米スミロドンより強い生物を探したかったら
    白亜紀を恐竜時代までさかのぼらないと無理だね

    89: 名無虫さん 2012/11/29(木) 07:02:54.40 ID:AooBthut
    サーベルタイガーってスカベンジャーだったんだろ?
    生きてる獲物獲るのに適した骨格じゃないみたいだし
    そのころいたジャイアントショートフェイスベアとかに勝てるイメージが全く無いな

    92: 名無虫さん 2012/11/29(木) 18:31:26.50 ID:???
    >>89
    外傷の多さから、一応狩りは行っていたと見られてるんじゃなかったかな
    でもあの牙や体型が何かに特化しているのは間違い無いから、主要な獲物
    以外の外敵には脆かったかもね

    93: 名無虫さん 2012/11/29(木) 19:59:54.07 ID:uLqLUBCO
    >>92
    >外傷の多さ

    スカベンジャーだって外傷つくだろ
    獲物の取り合いになれば、草食獣じゃなくて、同じ肉食獣が相手になるわけで
    こっちの方がよっぽど生傷絶えないんじゃね?

    94: 名無虫さん 2012/11/30(金) 00:29:42.67 ID:jzo4KPLR
    サーベルタイガーの平均個体って今のジャガーとかヒョウくらいのサイズじゃなかったっけ?
    当時いたライオンなんかと比べれば一回りも二回りも小さいんだよね。
    で、群れてた可能性とかスカベンジャーの可能性がある。
    これって今で言うハイエナじゃん。
    当時のハイエナポジションだったっぽくね?

    95: 名無虫さん 2012/11/30(金) 04:55:42.07 ID:???
    ジャガーサイズじゃマンモス狩れないな

    97: 名無虫さん 2012/11/30(金) 15:56:10.30 ID:???
    大型獣を狩れないとなると、遅い足、低い知能、巨大な牙、ガッシリした体型etc
    ますます謎の多い動物だな

    98: 名無虫さん 2012/11/30(金) 18:55:45.29 ID:???
    なんかスタイル悪いな
    骨格標本みると後肢がいびつで

    99: 名無虫さん 2012/12/01(土) 14:17:57.29 ID:z5QmDFVV
    普通にうつ伏せに寝てても歯が地面に当たって邪魔ぽいね
    他の動物と遭遇し睨みあった時、あの牙はハッタリが効くんでしょうか?

    102: 名無虫さん 2012/12/03(月) 17:06:20.84 ID:HufLEceP
    猫科なので夜でも目が効く、
    猫科なので足音がしない、
    寝てる間にこそっと忍び寄り、牙でマンモスのアキレス腱をプシュ!って刺して逃げる、
    マンモスが動けなく弱り、ぐったするのを待つ、

    103: 名無虫さん 2012/12/03(月) 18:16:37.23 ID:???
    それだ!でもなんか昆虫っぽいな

    104: 名無虫さん 2012/12/03(月) 21:48:13.86 ID:dOwF2C5D
    コモドオオトカゲっぽくもある

    105: 名無虫さん 2012/12/03(月) 22:48:46.64 ID:dAV1HaCU
    分厚い体毛に覆われ、さらに分厚く堅い皮膚があるマンモスにジャガーサイズの顎じゃ歯が立たないだろ。
    差し詰め子供の像に家猫が戦いを挑むのと大差ないぞ。

    108: 名無虫さん 2012/12/04(火) 14:22:50.67 ID:???
    >>105
    だからこそ長い牙と大きく開く顎

    北では秘孔に牙を突き刺し内部から破壊する
    一方南は牙を振るい外側から骨まで切り裂く

    107: 名無虫さん 2012/12/04(火) 01:35:12.80 ID:3YiEB5h8
    マンモスの牙も無駄に巻いてるよね

    109: 名無虫さん 2012/12/04(火) 15:11:11.42 ID:HK5rFY9F
    もう牙に毒腺も装備させてやれ

    111: 名無虫さん 2012/12/04(火) 21:40:55.29 ID:S+UiRbca
    「毒腺説」はちょっと面白いな。

    112: 名無虫さん 2012/12/05(水) 05:53:08.41 ID:???
    実際そこまでデカくないよな犬歯
    穴掘りとは違うかな

    117: 名無虫さん 2012/12/06(木) 17:54:10.96 ID:l/2aj+Jj
    タスマニアデビルとか狸をどんくそうにした奴でも根性ばりばり
    ラーテルも勇猛だしクズリなんか狼二匹相手でも撃退するんだし
    サーベルタイガーもスピリッツが売りんじゃないの?
    絶対に逃げない、もう死ぬまで戦い抜く それゆけ我らのサーベルタイガー 
    50
    クズリ(貂熊、屈狸、Gulo gulo)はネコ目(食肉目)イタチ科クズリ属に分類される哺乳類。本種のみでクズリ属を構成する。

    形態
     体長65-105センチメートル。尾長17-26センチメートル。体重7-32キログラム(平均体重オス15キログラム、メス10キログラム)。頭部は大型。全身は長い体毛で密に被われる。毛衣は黒や濃褐色で、肩から体側面、尾の基部にかけて明褐色の帯模様が入る。
    耳介は小型で丸みを帯びる。歯列は門歯が上下6本ずつ、犬歯が上下2本ずつ、小臼歯が上下8本ずつ、大臼歯が上顎2本、下顎4本で計38本。小臼歯は頑丈で、顎の力が強いことも相まって獲物の骨もかみ砕くことができる。四肢は短く頑丈。指趾の裏は大型で、雪上でも体重が分散し移動することに適している。
    通常は自身より大型の捕食者を襲うことはないが、飼育下ではホッキョクグマを殺傷した記録がある。
    クズリ - Wikipedia

    119: 名無虫さん 2012/12/07(金) 04:04:50.94 ID:???
    >>117
    ラーテルやクズリは異常に防御力の高い毛皮あっての勇猛さだからなあ
    タスマニアデビルは元々棲息地域最強の立ち位置だし


    121: 名無虫さん 2012/12/09(日) 21:36:00.47 ID:???
    北米種400kg、南米種800kgというのは最大個体では?
    現代なら300kg超えのトラとか、1tのヒグマみたいな
    たまにいる並外れの個体

    127: 名無虫さん 2012/12/11(火) 19:38:41.37 ID:nPQNkcXl
    >>121
    スミロドンの化石は世界各地から大量に出土してるけど、その殆んどの個体重量は100キロ未満や100キロ前後だったはず
    800キロとかは何かの間違いじゃないかな。一部の骨だけ出土して、そこから推定重量を割り出す時に間違った可能性あるような。もしくは突然変異の奇形かもね。

    123: 名無虫さん 2012/12/11(火) 12:42:29.41 ID:9Bp0kzfG
    脚が短くて遅いけど、跳躍力はどうなんだろ?
    高くジャンプして獲物に牙を突き刺すって説もあるけど
    角で突こうと構えてる獲物にむかってジャンプはリスクが大きいだろし
    冴場良が腕の達つ殺し屋と戦った時、真上からの攻撃を仕掛けたけどな

    124: 名無虫さん 2012/12/11(火) 16:45:28.36 ID:???
    ジャンプ力5mのトラよりも凄い
    つまり10mぐらいジャンプできる

    125: 名無虫さん 2012/12/11(火) 16:48:32.77 ID:???
    現代のピューマやユキヒョウよりも跳躍力あるよ。

    126: 名無虫さん 2012/12/11(火) 18:20:49.80 ID:???
    クマみたいな体型で現代のネコ科ミドル級より跳ぶのかよ
    それは最強過ぎるな

    10mのジャンプをして牙で樹や崖に貼り付いたら面白い
    そしてマンモスを待ち伏せ、延髄めがけて落下してサクッと瞬殺
    ♪ジャカジャーン(仕事人のBGMで)

    128: 名無虫さん 2012/12/11(火) 22:34:03.84 ID:???
    平均値ではライオンやトラより小さく、下手したら
    同時代のネコ科に限っても二番手三番手以下なのか
    夢が壊れるなあ

    きっとサーベルパンサー(笑)が、スミロドンの
    最大最強を証明してくれるに違いない!!

    130: 名無虫さん 2012/12/11(火) 23:08:26.04 ID:nPQNkcXl
    同時代のホラアナライオンが250~300キロくらいだから、今で言うと平均個体のアフリカライオンとヒョウくらいの体重差は少なくともあったはず。
    やっぱり毒でもなかったら勝ち目無さそうだね。

    131: 名無虫さん 2012/12/11(火) 23:43:17.01 ID:YmtMlQdd
    子供の時に図鑑でサーベルタイガー見てカッコイイと思ったけど全然カッコよくないんだね
    中型で鈍足なんて幻滅したわ

    132: 名無虫さん 2013/01/14(月) 20:50:11.18 ID:???
    古代最強だ!

    137: 名無虫さん 2013/01/15(火) 22:33:47.25 ID:???
    no title

    147: 名無虫さん 2013/01/21(月) 01:07:08.03 ID:???
    全捕食者最強:ショートフェイスベア
    51

    純プレデター最強:アメリカライオン、対抗:ヨーロッパ洞穴ライオン

    スミロドンは良くてもその次というか、異様に特化した身体のなので
    ジャンケン状態になる確率も高いだろ
    多分捕食者同士の戦いには向いていないんじゃないか
    ショートフェイスベア
    哺乳綱食肉目クマ科に属する大昔の熊の仲間。
    熊の一種。
    別名アルクトドゥス。
    体長3m。
    食べ物はラクダ、バイソン、ウマ等の大型草食動物。
    生息年代は更新世後期。
    北アメリカのカナダやアラスカに分布。
    氷河期時代の北アメリカ大陸での最大の肉食動物。そのクマは立ち上がると高さ3.4mにもなる巨体。他のクマと比べ、4本の足は長く、特に後足は異様に長く 細かったそうである。一見スリムな体格で巨体のわりに敏捷に走れたと思われる。歯の形状からも肉食傾向が強いと考えられ、大型草食獣を襲うかなりの捕食者と思われる。さらに広い頬骨とそれに繋がる筋肉が発達しており、獲物の骨を噛み砕くほどの強力な顎も持っていた。ショートフェイスベアは名前の通り頭骨が鼻面が短く、幅が広くなっており、クマというよりネコ科の動物に近い形質をもっている。このことから現代、アンデス山脈に生息する現生のメガネグマに近縁だと言われている。
    ショートフェイスベア (しょーとふぇいすべあ)とは【ピクシブ百科事典】

    148: 名無虫さん 2013/01/21(月) 13:53:12.47 ID:???
    折れやすい牙ということは、ただの飾りでない限りは何らかの(超精密機器のごとく背骨と
    背骨の継ぎ目に正確に牙を突き立てることができた)みたいな折損防止策が必要になってくるな
    まず探りを入れる目的で軽く突き刺し骨に当たったら再度刺し直して何度もトライ
    椎間板の位置を見つけたらビンゴ!とばかりに一気にぶち込むと
    これならマンモスでも瞬殺だな
    意識はあっても半身麻痺してて動けないまさに活け作り状態で食われたのかもしれないw

    151: 名無虫さん 2013/01/21(月) 19:42:42.45 ID:???
    >>148
    それを実現するには、あのクマみたいな骨格バランスで
    中型のネコ科以上の身軽さと敏捷性が必要になると思う

    子泣き爺並のホールド力があってもマンモスの長毛種を
    ピンポイント刺殺するのは厳しいんじゃないかな

    153: 名無し虫さん 2013/01/21(月) 22:14:20.28 ID:???
    あの牙は、本当はこけおどしじゃないのか
    マンモスは気が弱く、あの牙を見るとびびって逃げ出す、
    群れで崖に追い込む、マンモス、崖から転落
    しめしめとみんなで食う

    155: 名無虫さん 2013/01/23(水) 00:32:32.09 ID:???
    >>153
    マンモスを追い込む落とし穴を、あの牙で掘ったのさ
    身体ごと入る巨大な穴でなくとも、脚を負傷した象は
    待っていれば自滅する、そしてウマー

    157: 名無虫さん 2013/01/23(水) 18:47:04.48 ID:2uTmnqmT
    サーベルタイガーは健康体のマンモスを「常食」ではないだろ

    弱った個体や幼獣を主に狙ったか、タールピットに落ちた個体

    そしてマンモスの長毛種は北米のステップにはいないはず


    長毛種と競合しても先に絶滅したのはサーベル族だし

    その辺りも考慮して生物学的意見で「サーベルタイガーは他の肉食獣や草食獣から競合者として最強だったのか否かを」是非知りたい

    160: 名無虫さん 2013/01/25(金) 21:25:49.67 ID:Fa6I95XT
    >>157 タールピットに落ちたのを食べ続けてたら、タール中毒になってたかもな
    注意はしててもタールを摂取しまくって

    159: 名無虫さん 2013/01/24(木) 15:08:56.92 ID:N2+KbM7s
    サーベルって肉食獣なのか、うちの猫は海苔とか生米、お茶葉、チーズも好んで食べるよ 
    サーベルが魚や亀を食ってとか 干潟でカニ 貝 エイリアンみたいな魚を食べてたとか
    木の実や筍、カタツムリなんかも食べれんことはないし

    161: 名無虫さん 2013/01/27(日) 21:35:09.87 ID:RWDTXMXX
    可能性はあるけど化石からタールによる疾患が検出されるかどうかだな

    162: 名無虫さん 2013/01/28(月) 16:12:36.71 ID:???
    平均個体からして最強のプレデター足りうるかといえば
    やや物足りないわな

    164: 名無虫さん 2013/01/29(火) 01:02:25.52 ID:S5fet0YJ
    北米の場合だと

    アメリカライオンとスミロドンはどっちが強力な競合相手だったのかな

    165: 名無虫さん 2013/01/29(火) 04:18:35.18 ID:???
    スミロドンの特殊な身体からして、現代のライオンとも近い身体の
    アメリカライオンとは、狩りのパターンが大きく違ったんじゃない?
    直接的な競合は、あんまりしていなかったのかも

    168: 名無虫さん 2013/01/30(水) 14:48:06.47 ID:ARvJFayj
    >>165

    なるほど

    その両者の獲物を奪っていたのがジャイアントショートフェイスベアかダイアウルフの群れですね。

    170: 名無虫さん 2013/01/30(水) 23:45:46.96 ID:???
    >>168
    巨大グマの群れとか最強過ぎるだろ
    でも必要な食い扶持を賄えるのか?

    179: 名無虫さん 2013/02/06(水) 19:42:12.05 ID:3C+fAklU
    現代のクマにも全然負けるレベルなんだからw
    諦めろよw

    180: 名無虫さん 2013/02/06(水) 20:11:16.74 ID:???
    はあヒグマはシベリアトラの餌だろうがwwwwww

    194: 名無虫さん 2013/03/10(日) 08:57:45.09 ID:???
    そもそもサーベルタイガーは大型動物には強いが
    オオカミには狩られてたし
    一対一でも南米から渡ってきたティタニスに頭かち割られてた

    195: 名無虫さん 2013/03/23(土) 21:10:53.98 ID:8WsZtuCG
    あの牙オスメスにあったの?オスだけならメスへのアピール的なもので実用品ではなかったのかなぁ
    両方にあったんならわかりません

    196: 名無虫さん 2013/03/24(日) 15:11:56.53 ID:???
    あっただろ、ないのいるのか
    多少は差があったかもしれんけどね

    200: 名無虫さん 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:???
    サーベルタイガーって実際、どんな体格してたかわかんないし
    画像では、ヒグマみたいながっちりした体型になってたw
    サーベルタイガーのプロフィール 最大2、4m 体重300キロ、現代の
    シベリアトラと大体同じ体格、シベリアトラは、猫科、最大だけど平均的に見た
    らすごく体が細いしサーベルタイガーもそんなにたいした事ないだろw
    サーベルタイガー
    no title

    シベリアトラ
    no title

    ↑動物園で育っているのにこの細さw

    201: 名無虫さん 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:???
    やはり野生のタイガーのが荒々しいな

    202: 名無虫さん 2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:???
    広大なテリトリーを巡る生態だから、スリムな体型が本来の姿なんだろうね

    215: 名無虫さん 2014/05/03(土) 00:57:45.59 ID:Uxs90bK1
    スミロドンてでっかい犬歯で自分の3倍近い体重の獲物も
    倒したとかいわれてるけどあんな長い犬歯
    ぶっ刺したら逆に獲物の骨に歯先がぶつかって損傷したりしないの?

    216: 名無虫さん 2014/05/03(土) 14:43:00.19 ID:???
    確かに長大な牙は折損しやすい
    通常は折損⇒死だが、骨の隙間に神業レベルで牙を突きたてられる種や
    探り牙刺しwで骨を感じたら少し横みたいなことが出来る種なら多分生き残れる

    217: 名無虫さん 2014/05/03(土) 19:16:31.12 ID:d+bCp4OQ
    ラプトルなんかもニワトリの蹴爪と同じで
    獲物を取るためのものじゃないでしょうに

    218: 名無虫さん 2014/05/18(日) 15:19:43.56 ID:???
    一応突き刺したんじゃなくて頸動脈を切ると言った
    使い方をされていたんじゃないかと言われてるから
    漫画みたいなすぐ折れそうな使い方ではなかった
    らしい。とはいえやはり折れやすいのは事実

    219: 名無虫さん 2014/05/21(水) 19:26:04.34 ID:???
    昔の肉食獣ってなんであんなおどろおどろしい姿してるんだろう
    今の肉食獣はお茶目で可愛いところあるのに

    引用元: http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/wild/1352450282/